works05_kv

KRAPP'S LAST TAPE

Camilo Rincon(Director)
The wirter, *Samuel Beckett, had the idea of writing a novel or maybe a play on a solitary old man. The idea director and the group have adapted and raised a short theatrical version from that play that features on an undecided young man who moves away from his uncertain future, wittingly it that he will never forget his unjust past. Bug-depayse has worked with their own scheme form text written by themselves. In this opportunity, we approach the play in intimate form which it is not elaborated in conventional space for a few spectators.

*Samuel Beckett
Anglo- French play writer and novelist. In this theater, Beckett combined poignant humor with strongly sense of anguish and loss. Best known and most controversial of his dramas are “Waiting for Gdot” (1952) Becket has awarded the 1969 Novel prize in literature.

2004/8/28-29,9/4-5
Asagaya Gallery

作:サミュエル・ベケット/ 訳:安藤 信也・高橋 康也
演出:カミロ・リンコン/ 出演:仲田 安良・柴田 貴輝/宣伝美術:松林 紀子/製作:bug-depayse

カミロ・リンコン
1973年生まれ。コロンビアの首都サンタフェ・デ・ボゴタ出身。 Universidad Francisco Jose De Caladas - Academia Superior De Aites De Bogota でマ・チェン・ホンとアレハンドロ・G・Pのもと演劇を学ぶ。1996年、ジョージ・バーナード・ショーの“Asi le minto el al marido de ella”を演出(Casa Del Teatro nacional、Bogota)。1997年、ベルナール・マリ・コルテスの記念イベント”Circumstances around the word of Beranard Marie Koltes”の一環として『ロベルト・ズッコ』のなかから5シーンを演出(Association Francaise d action Artistique, COLCULTURA, コロンビアのフランス大使館、I.D.C.T of Bogotaの支援により Universidad Francisco Jose De Caladas - Academia Superior De Aites De Bogota で開催)。1999年、卒業制作でテネシー・ウィリアムスの『27台分の綿花』を演出(サンタフェ・デ・ボゴタ郊外のColina de Suba)。2000年にオーストラリアに渡り、Central Metropolitan College of TAFEで TVを学ぶ。2002年に来日。2003年6月 bug-depayse『運動空間3』 出演。2003年10月  『国立身体障害者リハビリテーションセンター・美術サークル作品展示会/bug-depayse 運動空間3.5 ver.Tokorozawa 』出演。