storncircle_kv

bug-depayse舞台公演
ストーン・サークル

公演日時
2013年
9月14日(土)
【昼の回】13:00開演※満席※【夕方の回】17:00開演
9月15日(日)
【昼の回】13:00開演【夕方の回】17:00開演
開場は開演の30分前です。
各回終了後アフタートーク、アコースティックバンド演奏があります。

アフタートーク
14日
【昼の回終了後】
鈴木道夫(藍染作家、本作美術)×本木克昌(ABISYEIKAH、本作音響)×宗方勝(bug-depayse)
15日
【昼の回終了後】
大嶋浩(写真批評家)×宗方勝
【夕方の回終了後】
鹿島徹(早稲田大学哲学科教授)×野本翔平(bug-depayse / SEED)

アコースティックバンド演奏
14日
【夕方の回終了後】
ASK(埼玉、東京を中心に活動するアコースティックバンド。THE登竜門ストぱふぉ部門グランプリ受賞)


公演会場
牧禎舎
埼玉県行田市忍1-4-11
http://www.tabigura.net/makitei.html
交通機関
(1)秩父鉄道 行田市駅 南口より 徒歩5分
(2)JR高崎線 吹上駅 北口ロータリーより
  ・朝日バス 前谷経由「商工センター前」下車 徒歩3分
  ・朝日バス 佐間経由「新町1丁目」下車 徒歩5分
駐車場
商工センター1Fと、商工センターの目の前にある駐車場をご利用ください。
storncircle_map

チケット
一般 2,000円
中高生割引 1,000円※学生証の提示をお願いします
障がい者割引 1,000円
※ご予約は下記問合せ先までお申し付けください。
※席数に限りがございます。早めのご予約をお願いします。


ストーンサークルとは
死者の住まう場所。
その場所に置いてある石を死者たちは動かす。
死者たちは、詞を紡ぎ、踊り、虫や犬にもなって、孤独の世界に存在し続けようとする。
主に東京都内で創作活動を続ける舞台芸術グループbug-depayseが、
埼玉県行田市に現存する昭和15年建造の足袋工場跡地から、
現代に生きるわれわれの生とは?そして死とはなにか?という問いかけを、
演劇・ダンス・パフォーマンスによるパフォーミングアーツの舞台作品として発表します。
行田市はbug-depayseのメンバーでもある野本翔平の地元です。
自らのパフォーマンス作品を原案とした題材を、bug-depayseのメンバーや賛同していただいたアーティスト、地元の若者たち、
そしてスタッフの方々とともに舞台作品として発表します。
どうぞご期待ください。


出演者
野本翔平(bug-depayse)
野澤健(bug-depayse)
高橋大樹(SEED)
安達美和(布の力 久磨衣)
清水崇弘
長谷川礼太
江積志織(藤井利子・上原尚美モダンバレエ研究所 / 彩のくに創作舞踊団)


クリエイティブスタッフ
作・演出 宗方勝(bug-depayse)
企画・パフォーマンス原案 野本翔平
音響 本木克昌(ABISYEIKAH)
美術 鈴木道夫
舞台監督 宗方勝
舞台制作 土田秀吾・五十嵐純
記録 西田典正(共同アドバンス)
フライヤー 大谷美咲
共催 SEED(行田市市民公益活動登録団体)
製作 bug-depayse


問い合わせ
bug-depayse事務局
TEL 090-7814-9615(野本)
EMAIL aruto1970※yahoo.co.jp(※を@に変えてご送信ください)
HP http://bug-depayse.org/